夫婦橋~梅雨空の七夕~

先日、父方の祖母が亡くなりました。
今年見送る、三人目の人です。

祖母は、鹿児島の女、でした。
人生の前半を、桜島の噴火の見える地で過ごしました。

私と主人の、日本縦断の旅の終着地を、鹿児島にしたのは、そんな理由がありました。走り切った後、祖母に、桜島を背景にした写真を見せたくて...。主人の心のルーツ東北と、私のルーツ鹿児島を、つなげてみたかったのです。

その祖母について、今日は書こうと思います。

当時の女性が、大概そうであったように、祖母も、若くして祖父に嫁ぎました。青春時代に戦争を経験し、戦後の混乱と復興の時代を生きました。舅姑、小姑のいる大家族に嫁ぎ、婚家の稼業を手伝いながら、4人の子をもうけ、全ての子を東京の大学へやりました。

鹿児島で一生を終えるつもりでいましたが、子供たち全員が東京で仕事と所帯をもったので、50代の半ばを過ぎてから上京。4人の子のうち、2人は離婚し、1人は、くも膜下出血で不自由な体となりましたが、祖母自身の生活費は年金と子供たちの仕送りで不自由はなく。孫は8人。全員、成人しそれぞれの仕事と家庭を持ちました。

70代半ばになって、認知症を患いました。
娘と嫁たちが世話をしました。
その間に、ひ孫1人が生まれ、対面しました。
84歳で完全介護の老人ホームに夫とともに移り。
86歳で病院で亡くなりました。

臨終の席には、ほとんどの子と孫が立ち会いました。
箱根超えのような荒い息で、何時間も頑張りました。
私は、最期の瞬間まで、祖母の手を握っていました。

私は、ずっと、死の瞬間に向けて、手が冷たくなるのだろうと思っていたのですが、祖母は逆でした。

死の瞬間に向けて、手の温もりを、上げ続けました。
祖母の体に取り付けられた機器が、心肺停止を告げた後さえ。
祖母は、手の温もりを、上げ続けました。

最期の踏ん張りを、していたのだと、思います。

それは、きっと。
間違いありません...。

機器が、鳴りつづけ、
呼吸を示すモニタの数値がゼロになり
心臓の動きを示すグラフが平坦になった瞬間。

「逝くな!!」

と叔父が叫び...。

その瞬間に、
祖母は、もう一度、手の温度を上げたのですから。

握り返す力は無くとも。
機器が、計測できる限界を超えた後でも。
祖母は...

「聞いているよ。分かっているよ。」

そう伝えたかったのだと思います。

夫婦の危機、それも深刻な危機は、一度ならず、あったようですが、晩年は、仲の良い夫婦でした。
祖母の死に顔に対面した祖父は、

「なんで、もっと踏んばらんか!」

と怒り、そして、くずおれました。
それを、叔母と従妹が抱き留めました。

梅雨の季節。
どうやら亡くなる方は多いらしく。
葬儀場と斎場は込み合っており。
お寺で通夜を上げられるまで、3日間、自宅に連れ帰りました。
その間、誰かが、常に祖母のそばに、おりました。

祖母の通夜と葬儀のために、子供たちと孫たちは、各々出来ることを探し、全力を尽くしました。
よく大喧嘩する家族ですが、この時は、団結していました。

葬儀には、多くの人が訪れました。
遠方から杖つきながら訪れる人もいました。

訪れた人の中に、私の母方の祖母もおりました。
私の両親は、随分と前に離婚しているのですが、この二人の祖母は、不思議な友情じみたものがあり。
かなり性格の違う人同士であるにも関わらず。子供たち(私の両親)が修羅場の果てに離婚した後も、よく一緒に買い物したり、観劇に出かけたりしていました。

表現は違っても。
芯の強さは、相通ずるものがあったのでしょう。

祖母の人生は、切り取る箇所により、辛苦の色を見せたり、柔和な色を見せたりします。
七夕飾りのように、沢山の願いと、想いに彩られた人生でした。

「生きてりゃ、いろいろあるわよね。
 そういう時は、一晩、ぱぁ~っと寝ちゃうの。
 なぁ~んも、考えずにね。
 そしたら、朝が来るのよ。」

それが口癖でした。

祖母は、与えられた生を生き切った人でした。
いつも、空を見上げていました。

今は、空は梅雨空だけど。
雲の上の空は、きっと晴れてる。
別れ別れになった夫婦が出会う橋が架かる今夜は....きっと祖母と祖父も笑いながら、出会えるはずです。

だから。
わたしも。
今夜は、空を見上げます。

そして...梅雨があけたら...また走らねば、と思います。

d0237428_12161296.jpg
撮影:キッチョムさん 2013/11/11 箱根にて
[PR]
by BicycleKomachi | 2014-07-07 12:21


自転車にのってポタポタと、野を越え山越え気付けば日本海までいっちゃった。


by BicycleKomachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自転車オーダー記
夫婦で日本縦断自転車旅
ポタリング日記(グルメ版)
ポタリング日記(長距離版)
ポタリング日記(花巡り版)
自転車女子の作り方
TOKYO百景
自転車への想い
事故を防ぐために
未分類

以前の記事

2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

最新の記事

夫婦橋~梅雨空の七夕~
at 2014-07-07 12:21
TOKYO山景~花~
at 2014-04-18 05:40
新宿駅-ターミナル-
at 2014-03-10 11:11
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-08 21:31
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-04 21:54

フォロー中のブログ

うるわしき自由と放埓の日々
ばーさんがじーさんに作る食卓
やまもとゆみのデザインす...
風そよぐ、晴れた海
走れ!銀座まで! BD-...
Happy Days
ほんの小さな庭
K100Dとパンケーキ+...
Kippis! from...
TS AIRLINES ...
作ってあげたい彼ごはん
yasumin’s cafe*
女旅道 ~行きたい場所が...
お家カフェごっこ nic...
ツジメシ。プロダクトデザ...
grand-pa

☆リンク集☆

タグ

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自転車・バイク

画像一覧