<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぼうそう女子ふたり旅(4)~夕日に向かってRun、Run、Run~

もっと走りたい
思いがけない言葉に嬉しさを感じると同時に、私には不安がありました。
補給をミスった直後は、回復したと思っても、すぐ、また疲労が来る。それは自分自身が経験済みです。
時刻は、ちょうど17時をまわったところ。日没は18:30くらいかしら。

わかった。ちょっとだけね。
夕日の時間には、戻ってこよう。

州崎灯台を越えると、波の音が大きくなった事に気付きます。
そっか、外房に出たんだ。

ほどなく房総フラワーラインへ。
道100選に選ばれるだけあり、どこまでも、どこまでも走りたい気持ちになる道です。



d0237428_462742.jpg















歓声を上げてペダルを踏み込むKちゃん。
ちょっと、ちょっと。
あんまり飛ばすと後しらないわよ!!



d0237428_4111739.jpg









フラワーラインから一瞬外れると、こんな風景も。


ファミリーパークに差し掛かった所で、時計を見れば18:10過ぎ。
おっと、日没を灯台でみるんだった。
あわてて引き返し、再び州崎灯台へ。
灯台へ続く階段の麓の雑貨店にお願いして、自転車を置かせていただき、日没ギリギリに到着。



d0237428_428696.jpg

















日没って、どうしてこんなにセンチメンタルな気分になるのかな?



日没をじっくり眺めたら、もう足元は真っ暗。
自転車を置かせていただいた雑貨店で、も少し、何かつまもうか。

あのー、この手作り寒天って、まだあります?

「あるけどもよ、作る人が今、出かけてるの。19時になると戻ってくるよぉ。
嬢ちゃん達、どっから走ってきたの。若い人はいいねぇ。まぁ、待ってなさいよ。」


ほどなく戻ってきたおばあちゃんが、寒天と麦茶を運んできてくれました。
ん~、すっぱい。美味しい。シコシコしてるね。

お店を見回せば、手作りのとこぶし煮やら、蛸の煮たのやら、ああ、美味しそう。でも、この暑さで自転車じゃ、家まで持たないわ。後ろ髪引かれる思いで、雑貨店を後にし、しばし、館山までナイトライド。
往路の苦しさが嘘のような、快適さ。

「お月様が、右にでたり、左にでたり。面白いねぇ」


すっかり元気を取り戻したKちゃん。
そっか、埋立地育ちの彼女にとって、道がうねっていること自体、めずらしいことなのね。

あっという間に、館山駅に到着。
どうだった?
私の問いに

「あ~あ、宿題、いっぱい残しちゃった。また来ないとね。」


ホッ.......。
終わりよければ、全てよし。また、走りましょ。ね。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-19 18:00 | 自転車女子の作り方

ぼうそう女子ふたり旅(3)~腹が減っては何とやら~

元気よく安房勝山駅から海岸沿いを走り出したものの、案の定、あっつい!!

保冷機能付きの私のPOLARボトルでさえも、あっという間に氷が解けてしまいます。
ましてや、Kちゃんのスポーツドリンクのオマケでもらったボトルの場合は.....スッカリお湯です。
それでもボトルのドリンクがみるみる減っている様子が分かります。こんな事もあろうかと、私のヒップバックにはハイドレーションに氷をギッチリ詰めて、解けた水をKちゃんのボトルへと補充、を繰り返し。

まずいなぁ、この調子だと、一周どころか千倉もキツイかも。

そんな不安が頭をよぎります。
それでも館山までは元気でした。
お腹すいてる?ご飯にしようか?の私の問いかけに

「ん~、まだ駅弁が残ってる」

そう答えた彼女の言葉を、うっかりと信じてしまう程度には。異変が起こったのは、自衛隊の航空基地をすぎたあたりから。時速15kmに減速してるのにKちゃんが遅れがちに。

ねぇ、何か食べよう。そこのラーメン屋でも何でもさ。
「いや。そんな重いもの食べられない。」

困ったなぁ。お蕎麦屋さんでも良いから開いてないかしら。通る道々、探したけれど、時刻は既に14時過ぎ。どのお店も休憩時間に入ってしまっていました。そうこうするうち、ついにKちゃんは時速10kmを切ってしまい.......。

ああ、しまった。
彼女が嫌がっても、ラーメンでも何でも強引に補給させればよかった。そういえば、コンビニでも彼女が手にとっていたのは、ガリガリ君や水ばかり。体を動かすのに必要な糖分、塩分やビタミンなんて、ほとんど含まれてない。せめて、ゼリー飲料でも持っていたら.....。焦っても、開いているお店は見当たりません。

あ、Cafeの看板がある!!
すみません!!あいてますか!?

そこは休暇村近くのCafe「grand-pa 」。

あれ、庭でバーベキューしてる。ああ、やっぱり。お盆休み....。
あの、この近くに食料、買えるお店ないでしょうか。
そう問いかけた私にお店の方は、Kちゃんを見やり、こう言ってくれました。

「この時間だと、どこも開いてないし、コンビニも近くにはないわ。
 良かったらあがって。バーベキュー食べていらっしゃい。」


振舞ってくれたのは、冷たいジュースに特大のソーセージ、焼きホタテとおにぎり、カルビ、冷たい梨。
みるみるKちゃんが回復しているのが分かります。
飛び入りパーティの会費を払いますという私たちに、お店の方は笑って受け取ってくれません。
感謝すると同時に、大いに反省の私。Kちゃんの「食べたくない」は疲労で食欲が無い、という意味だったのに。お店の方が事態を察してくださらなければ、どうなっていたことか。

さて、これからどうしよう。
館山に戻る?でも、それじゃあ、苦しい気持ちだけが残っちゃう。自転車の楽しさを感じて欲しかったのに....。

もう一度、地図を見やり、何とか楽しい思い出になりそうなポイントを探します。
あ、あと4キロほどの地点に灯台がある。

ねぇ....。州崎灯台までいってみない?ここから、あと少しよ。
で、灯台でしばらく休んで、日没みてから帰るって、どう?
そしたら、岬の先っぽに立ったことになるよ。

しばし躊躇ったKちゃん。それでも、行く、と言ってくれました。
お店の方にお礼を言って、再スタートを切った私たち。

すぐに灯台が見えました。
ん?灯台のふもとに、もう一軒、Cafeがある。
すみませーん。あいてますか?ああ、良かった。
よし、ここで日没を待とう。

お店の名は「Time Out Cafe

海の見える大きな窓。ゆったりと流れるJAZZ。
Kちゃんは、キャラメルラテ、私は、ホットレモネードを注文し、しばしの休息。
あ、すごい。このレモネード、レモン丸ごと使ってある。
キャラメルラテも、ミルクの泡が山盛り。

1時間以上、休んだ頃、Kちゃんがポツリと言いました。

「も少し、走りたいな」


え、大丈夫?

★自転車紳士達へのアドバイス★

経験の薄い人を連れて行く場合は、こんな点も気をくばりましょう。

  1. 補給ポイントでエネルギー源を手にしているか。

  2. 水や冷たいものばかり、とってはいないか。

  3. 急激に速度が落ちたり、ふらついていないか。

  4. ゼリー飲料は、経験値が高い方が常に携帯。



特に今回は、本人の自己申告を待っていたのが大失敗でした。人によっては、疲労時に食欲が落ちてしまい、ハンガーノックを起こしかけていても自覚がない場合があります。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-19 02:53 | 自転車女子の作り方

ぼうそう女子ふたり旅(2)~予定は未定~

40分以上かけて、自転車を輪行袋に納めた後に、帽子を忘れたことに気付いたKちゃん。

これから袋から取り出して、組み立てて、彼女の自宅に行って戻って、もう一度袋にいれて.....。
うーん。私が代わりにやったとしても、50分はロスしてしまう。既に予定から2時間以上、押しているというのに。

仕方ない。途中で買おう。何度か乗り継ぎのタイミングで駅ビル併設のとこ、通るから。

気を取り直して、ようやく出発。
JR蘇我駅で内房線に乗換えるのに、約30分の電車待ち。
この隙に帽子を買い、駅弁を仕入れ、ようやく乗り込んだ電車内で作戦会議。

予定では館山をスタート地点にしていたけれど、それでは走り出すのがお昼になってしまいます。ひたすら地図と睨めっこ。

館山の手前のどこかの駅からスタートしよう。
一周はあきらめて、海沿いだけを走るコースに変更。もし、気分が乗れば、一周にしてもよいけど、欲張るのは禁物。

千倉~館山間の内陸部の距離は、最短距離で10キロちょっと。
道を選ぶと18キロくらいかな。
この分をカットして、スタート地点にふりわけよう。
館山駅から18キロ手前というと....安房勝山駅か。

よし、決まった。ご飯、ご飯。
さきほど買った駅弁をぱくつきながら、映りゆく車窓を楽しみます。
d0237428_1049418.jpg





【万葉軒の「漁り弁当」1,000円】 
こんなに漁りがてんこ盛りの駅弁って、はじめてかも。生姜と漁りのだし汁が効いています。レンコンのはさみ揚げも美味しかった♪ほうれん草は、ピーナツオイルであえてあるけど、甘みが強過ぎて、ピーナッツ味がぼけてたのが惜しい。




d0237428_1102823.jpg







いくつかの海水浴場を過ぎ、安房勝山駅で下車。
ん?だぁれ?こんなイタズラしたのは。ある意味、世の真実を伝えてるけど(笑)




房総の駅の多くがそうであるように、丘陵の山々と海の香り、ほとんど人気がない駅に線路がどこまでもつづく風景。子供の頃の夏休みの香りただよう景色のなか、自転車を組み立て、走り出しました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-18 11:24 | 自転車女子の作り方

ぼうそう女子ふたり旅(1)~輪行指導はむずかしい~

2年半にわたる布教活動の甲斐あって、ようやく自分の自転車を手に入れた親友Kちゃん。
愛車の色は美味しそうなミルキィーベージュ。彼女の好きなカクテルにちなんで名前は「アマレット」。
略して「アムちゃん」。

トーキョーバイク生まれのアムちゃんは「TOKYOBIKE SPORT 9s 」。
クロスバイクとしては珍しい650Cのクロモリ。
廉価だけれど、クロモリらしいスンナリしたシルエットが可愛い自転車。
サイズも小さいので、私同様身長150センチそこそこの彼女にピッタリです。

この夏はアムちゃんと何処へ出かけよう?イメージが膨らんでいる様子。

という訳で、いってきました。房総半島。
といっても、アムちゃんはフロントがシングルギアのクロスバイク。
そこは追々トリプル化するとして、まずは走り出さないと。
機材に慣れるには、そうね。最初は60kmくらいから始めましょうか。※1

輪行で館山から千倉まで海沿いに走って、南房総の先っぽをぐるり、ってどう?

↓参考にしたルート「南房総ほぼ一周」
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=841d95658ce85d488664945d8432f0cc

内房と外房、両方楽しめるね。
灯台も何箇所かあるし、道100選の房総フラワーラインもあるよ。
絶対景色きれいだよ。

日差しが心配だけど、もし、1周できなかったら、千倉から電車で帰ろう。
18切符用意すれば、交通費の心配いらないし。
千倉には、海の見えるカフェがあるんだって。
途中で海鮮丼たべようね。
1周できたら、帰りは館山で晩御飯たべよ。オシャレなお店もいっぱいあるし。

うきうきと計画を練り、検見川浜駅でまちあわせ。
が....。よりによって、その日私が寝坊.....。
目覚めた時間が既に集合時間の30分前。
私と彼女の家までは、電車で1時間はかかる。

ゴメン!!ゴメンね!!

電話で謝り、大慌てで、支度し、Kちゃんの最寄り駅へ。

前日まで私が深夜残業続きだったことを知る彼女は笑って許してくれました。
さすが親友です。他の人なら、こうはいかない......。

謝りながら、輪行指導。
指導に入ると、私は鬼コーチです。
一通り手順は見せますが、後は、自分で作業してもらいます。

親切な男性ならば、代わりにやってあげるのでしょうが、それでは、
Kちゃん自身が一人で出歩くことが出来なくなってしまうから。

私はKちゃんに自転車の世界の自由を知って欲しい。
誰かに引率されるんじゃなくて、行き先を自分で決める自由を。
どこまでも自分の足で進む自由を。

.............などと、格好よいこと考えてたんですが。
習う側が初心者なのは当然として、教える私が新米コーチ。

もー、いや。私、こういうの向かないのよ。
機械は苦手なのぉ~


輪行が機械いじりかどうか、つっこんではいけません。

ともかく、音をあげそうな彼女をなだめ透かし、
四苦八苦しながら、アムちゃんが輪行袋に収まった時には、
集合してから40分以上経過。

よく頑張ったね。さ、行こう!!
あれ、どうしたの??

ごめん、帽子忘れちゃった........。

えええーーーーーー!!
この夏の海辺の日差しは、帽子なかったら死ぬわよぉ!!

彼女の家から、最寄り駅まで自転車なら10分。
普段なら、
「ちょっと、まってて~~~」
で済む距離です。

ええ、自転車ならね。自転車なら.......。

その自転車は今、輪行袋の中です。はい。

つづく。。


★自転車紳士達へのアドバイス★ 

 ※1
 Kちゃんは、2年半の布教活動の間に、私のMTB(モアブ3)で荒川CR100キロを経験済みです。
 一度乗ったら、2-3ヶ月間が開くという乗り方ではありましたが、まっさらな初心者ではありません。
 もし、はじめてスポーツバイクに乗る女性をエスコートする場合。
 50kmにいきなりチャレンジするのではなく、事前に20km程度のポタにつきあって、
 セッティングなど、機材のコンディションを整えてからにしてあげてくださいね。

 ※2
 永遠に代わりにやってあげる、という紳士以外は彼女にも輪行のやり方を覚えてもらいましょう。
 輪行指導には、思いのほか時間を食います。
 ご自分が輪行にかかる時間の3倍は見ておきましょう。

 ※3
 大きな荷物の梱包作業をした経験の薄い女性にとって、 輪行の中締めベルトの締め方が
 意外と難しいようです。
 根気よく、金具のどの部分にどの順番でベルトを通すのか、1つ1つ手順を分解して見せた後、
 もう一度、一連の流れを見せてあげてください。
 
 
 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-16 10:19 | 自転車女子の作り方


自転車にのってポタポタと、野を越え山越え気付けば日本海までいっちゃった。


by BicycleKomachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
自転車オーダー記
夫婦で日本縦断自転車旅
ポタリング日記(グルメ版)
ポタリング日記(長距離版)
ポタリング日記(花巡り版)
自転車女子の作り方
TOKYO百景
自転車への想い
事故を防ぐために
未分類

以前の記事

2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

最新の記事

夫婦橋~梅雨空の七夕~
at 2014-07-07 12:21
TOKYO山景~花~
at 2014-04-18 05:40
新宿駅-ターミナル-
at 2014-03-10 11:11
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-08 21:31
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-04 21:54

フォロー中のブログ

うるわしき自由と放埓の日々
ばーさんがじーさんに作る食卓
やまもとゆみのデザインす...
風そよぐ、晴れた海
走れ!銀座まで! BD-...
Happy Days
ほんの小さな庭
K100Dとパンケーキ+...
Kippis! from...
TS AIRLINES ...
作ってあげたい彼ごはん
yasumin’s cafe*
女旅道 ~行きたい場所が...
お家カフェごっこ nic...
ツジメシ。プロダクトデザ...
grand-pa

☆リンク集☆

タグ

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自転車・バイク

画像一覧