タグ:オーダー自転車 ( 15 ) タグの人気記事

サイクルモード2011東京(3)~ハンドメイド後編~

さて、他にも興味ぶかい自転車がいくつか。

こんな可愛らしいロードバイクも。

d0237428_18163164.jpg


子供用なのに、しっかりロードの体裁です。
こちらも今となってはパーツ入手が困難なので参考出展だそうで。
でも町中にこんな自転車に乗った子供たちがたくさんいたら、素敵。

余談だけど、私は後ろに親用のもち手がついた子供用自転車が嫌いです。
自転車は自分の意思で、自分が行くところを選ぶ最初の乗り物だとおもうのに。あれではまるで犬の散歩。安全、といいますが、親の意思で引き止めることがいつでも出来てしまう乗り物に乗る癖がついた子供たちが自分で安全に道路を走行できるようになるとは到底思えない。じゃあ、誰のための安全かといえば、親のその場しのぎの安心のための安全装備もどきにしか見えないのです。

閑話休題。

ハンドメイドのコーナーの外にも、実は、ハンドメイド車が目白押しでした。

JOY INDUSTRIALのブースに何故か、マホガニー製自転車。
佐野マジックからの出展です。

d0237428_18185559.jpg

d0237428_1819109.jpg


カーボンよりしなやかだと言う人もいるマホガニーの自転車。
一度乗ってみたいなぁ。

グラフィック社のブースには、あらら??
見覚えのあるロゴが。


d0237428_1822251.jpg

d0237428_18462385.jpg

d0237428_18241531.jpg

d0237428_1830843.jpg


シクロツーリストVOL.3に掲載されていたSWワタナベのキャンピング。SWのフレームにベロクラフト店長大槻氏が組み付けをしたもので、私のCherry号とは、まったく違った趣。組み付けをする人が違うと雰囲気もこんなにヴィヴィッドに変わるものかと少し驚き。(ちなみに、この号の表紙も渡辺さん。普段お会いするサンタさんとは、まったく別の厳しい表情。)

パナソニックもツーリング車を目立つように展示していました。

d0237428_18495486.jpg

d0237428_18511231.jpg


家電のイメージが強いパナソニックですが、これも立派なハンドメイド。意外なことに、松下の創業は自転車用のライトをあつかっていたことにありました。そのためツーリング車に強い使命感をもっており、MTBブーム、ロードブームの最中、日本のツーリング車が絶滅の危機に瀕していた時期も、ず~っとツーリング車を作り続けた功労者なんだとか。

他にも自転車そのものではありませんが、面白いものを見つけました。

d0237428_18543339.jpg


feebからの参考出展で、女性向けの街ポタ用サイクルジャケット。

d0237428_18562139.jpg


前傾姿勢をとったときも肩が張らないパターンを用いており、背中にベンチレーションがついています。
展示会用に派手な生地をつかってますが、販売時にはおちついた色合いの生地も使う予定とのこと。それなら客先にそのまま着ていけるかも!?商品化されるのが楽しみです。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-11-19 18:58 | 自転車女子の作り方

サイクルモード2011東京(2)~ハンドメイド前編~

今年のサイクルモードは例年と違う試みがありました。
なんとハンドメイドのコーナーができたのです。
これまでも個別の出展はありましたがコーナーとしてまとまったのは初めて。

【ハンドメイドコーナー出展一覧】

GanwellMAKINO、Vogue、SileKCHERUBIMJune BikeskiyoTOYOSpeedDobbat'sNakagawaNAGASAWALEVEL

一際人目を引くのはCHERUBIM。若手ビルダーの今野氏、展示会での魅せ方を心得ています。変わり種、スピード系、可愛い系。傾向の違うものを織り交ぜ見栄えのするブースです。


d0237428_1743427.jpg映画「フィスフエレメント」にでてきそうな斬新な自転車

d0237428_17445065.jpg風になれそうなロードバイク

d0237428_17451242.jpg可愛いらしい子供用自転車



続けてドバッツ。
ここは塗装の美しさが秀逸。2009年のハンドメイドバイセクルフェアには黒地に桜の素晴らしい自転車を出展してました。今回は赤いポタ車の出展です。こういう自転車はレーパン&ジャージじゃなくてニッカボッカがいいな。

d0237428_17491246.jpg

d0237428_17501147.jpg

d0237428_17514238.jpg

d0237428_17522798.jpg

d0237428_17534094.jpg

ため息のでるような美しい塗装。溶接のつなぎ目を感じさせないエレガントな自転車。

そこにツイッターでお付き合いのあるGonさんから
「風邪引いて行けないからLEVELの写真あげて」
の依頼。

はぁ~い。


d0237428_1802387.jpg

d0237428_18105133.jpg

d0237428_185282.jpg


写真を撮っていたら
「貴女でしたらね、これよりも小さな車輪、使うと良いですよ。」
と、ブースにいたビルダー松田氏。

それって650Cのこと?
思わず目がキラン!
私、650C、手に入れるの、苦労してるんです。
実は、ハンドメイドのコーナーに行く前に、トレミニヨンの試乗車についているホイールを確認したんですけど。残念な事に既にカタログ落ちしたリムを使用していたのです…
アラヤも、ブースで聞いたら、もう金型がないし最小ロットは1万個だから、650Cの生産予定はないって…

「確かに種類は少なくなってます。そうね、今使うとしたらMAVICのリム。正直お高いリムだけど、これを使って編んだらカッコいいのが出来ますよ。」

やはり。ツーリング用のホイールは手組みが基本です。
けれど完組が流行の今、ただでさえツーリング用のリムも少なくなっています。
その中で、650Cはさらにマイノリティ。壊滅状態だったのでした

「他には、そうね。マウンテン用のホイールにね、細いタイヤを履かせるという手もあるのですよ。レースではなくて、ツーリングという目的なら、ね。」

ああ、だからトレミニヨンはマウンテンバイク用のホイール対応をうたっていたのね。
来るべき滅の日を見越した設計というわけね(泣

「なぁに。まだ手がないわけじゃあ、ありませんから。当面MAVICが650Cをやめることはないでしょう。」

そう願います......。

ちびっ子としては、切ない状況はさておき。
松田さんは、とても朗らかで穏やかな印象のビルダーさんでした。
実は私が自分用の自転車を探しにきたわけではなく、友人の依頼で写真を取りに来たことを打ち明けてもニコニコわらって

「どうぞ、どうぞ!!ゆっくり撮ってくださいね。お友達によろしくね。」

渡辺さんもそうですが、
ビルダー=頑固親父というイメージとは、かなり違います
誰に言われたわけでもないのに、オーダー車の敷居を勝手にあげてしまっているのは、私たちお客の方なんじゃないかしら?

私が松田さんと話し終えるのを見越すや否や、もう一人、女の人が松田さんに話しかけていました。

あの.......。わたし、650Cというのが良いって聞いたんですけど。作れますか?

おおお!ここにも居たよ!!
ほらぁ、需要ちゃんとあるじゃん!!
おそらく彼女もサイズのあわない市販車に苦労していたのでしょう。
その後も熱心に松田さんと話しこんでいました。
(この女性とお友達になっておかなかったことを、後で後悔......)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-11-19 18:27 | 自転車女子の作り方

クロモリロードに乗りたいの!(12)~春を待ちわびて~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて

リムが決まり、ハブの手配をお願いして、それからの1ヶ月は、ジェットコースターのように揺れ動く日々。
毎日バーテープを検索して、あれこれ悩む。本当は皮が欲しいけど、散財してしまった後だから、と諦め。

それでも、ようやく、これ!というバーテープを見つけてウキウキ。

かと思うと、どんなのが出来上がるのか、急に不安になって。
分不相応な、とんでもない買い物しちゃったんじゃないかしら!?と今更ながらドキドキしたり。

でも、サンタさんだもの。きっと、素敵なのを用意してくれるわ。と気持ちを落ち着けたり。
あ、そうだ。大事な自転車だもの。ラックもいるよね。再び、いそいそと検索したり。

その最中、相方は、なんと市販のツーリングロードを衝動買いしてしまいました。
ママチャリ仕様のSWワタナベを試乗した際、廉価版のMTBでは私に置いていかれると危機感を感じたそうで。でも即もう1台、オーダーするほどの資金は残っていないので、自転車ローンを組めるY'sにいったらコレがあったと。

おかげで私の自転車が出来上がるまでの3週間。ロードに乗った相方を鈍足の私が更に重量のあるMTBで追いかけるという過酷な状況を味わう羽目になり。
嬉々として加速する後姿も恨めしく、冬の風がより一層冷たく感じられ。
渡辺さんにお願いした自転車の完成が、なおさら待ち遠しく。ひたすら納車の春を待ちわびました。
そんな風にすごして、まだ蕾の桜が芳香を放ち始めたころ。
「出来上がりましたよ。」

待ちに待ったご連絡。
「塗装もね、綺麗に出来ました。可愛く出来ましたよ。」

その週末、私は電車で、相方は自転車で、それぞれ渡辺さんの工房へ向かいます。
いよいよご対面です。

d0237428_20463996.jpg

d0237428_20472349.jpg

わぁ、可愛い!
ロードではなくて、泥除けのないスポルティーフ。

スローピング。綺麗な三角(ホリゾンタル)が欲しいの!と言ったものの、どこまで要望にそってもらえるか不安でした。傾斜はついているのですが、むしろ、ほんわかした雰囲気をかもしだしています。

フォーク。優美な曲線。小象のお鼻みたい。

d0237428_2049290.jpg

シートステー。可愛らしいドットが付いています。

d0237428_20494468.jpg

d0237428_2050747.jpg

そういえば作戦会議のとき、コルナゴのプリマ(女性向けのエントリーロード。対応身長は155センチ以上)についていたシートステーのクローバーマークが可愛い、と一言もらしたことがありました。それを覚えていた渡辺さん、ワンポイントをつけてくれたのです。可愛いさくらんぼみたいなドットが三つ並んでいます。その他にも要所要所で白地に、赤い色が小さく散っています。
決めた!!この子の名前はCherryちゃん!

「ふふふ。苦労しましたよ。でも綺麗でしょう?」

目を輝かせて見入る私に満足げに微笑む渡辺さん。
Cherry号を連れて工房の外へ。早速試乗です。

慣れないドロップハンドル、大丈夫かな?少しこわごわしながら、Cherry号に跨り、渡辺さんの指示通り、ストレートや八の字を試します。

d0237428_2050599.jpg

驚きました。初めて乗る自転車とは思えません。もう、何年も馴染んだ自転車のように、しっくりきます。
初めてドロップハンドルの自転車に乗る女性の中には、慣れるまで怖かった、ともらす人も多いし、中にはフラットバーに変えてしまう人もいるのに。20分もたたないうちに下ハンドルを握って何の違和感もなく走れるように。

それになんて、柔らかい乗り心地。
気をつけてみれば、確かに先日、相方が言ったように路面はかなり荒れていました。それなのに、その荒れをほとんど感じないのです。
これが手組みのホイールなのね?

試乗しながら、渡辺さんの指示通り、シフト操作も練習します。ポジションを微調整しつつアドバイスも。

一通り微調整を終え、レギュレーションどおりに持参したライトとベルをとりつけて、Cherry号はいよいよ産みの親とお別れ。帰路は、もちろんCherry号に乗って。まるで嫁ぐ娘を送り出すように、渡辺さんは、いつまでも手を振って見送ってくれたのでした。


d0237428_20523153.jpg
Thank you! "Santa Claus" Mr. Watanabe. What a wonderful bicycle!!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-24 21:23 | 自転車オーダー記

クロモリロードに乗りたいの!(11)~リムがない!?~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて

作戦会議を終えて、工房を出ると、外はもう真っ暗。
渡辺さんは、私たちの姿が見えなくなるまで手を振って見送ってくれました。

後は待つだけ・・・・・と思ったら。もう一つ、ちびっ子には最後の関門がまっていました。
作戦会議から、しばらくたったある日。渡辺さんから連絡がありました。

「ちょっと問題がありましてね。ご相談なんだけども。」

え.....何だろう?

「フレームは目処がたちました。でもね、リムがないのです。」

私が指定した650Cのリム。つまり、ホイールを組むための外枠になる輪。それが現行品で見つからない、というのです。

「完組みのを持ってこられるなら、それも悪くはないと思います。でも、ツーリング用650Cのリム、となるとね。以前はアラヤが出していたのだけど。今ないらしいの。」

そんなぁ・・・・。

「どうします?現行品で組む、というご要望でしたけども。僕の手持ちのもの(オールドパーツ)でよければ1セットだけリムはあるのです。だだね、それにあうハブが今度は問題で。このリムにあう穴数(28穴)のハブがね、現行品だとデュラエース。そうなると、ご予算ちょっとオーバーしてしまうのだけど。」

作戦会議では、ホイールもツーリング用にしようとしていました。ツーリング用のホイールは旅先でのトラブル対処を重視し、細いスポークを数多く使います。重くはなりますが、そうすることで、仮に走行中に2-3本折れたとしても、隣り合ったスポークでさえなければ、周辺のスポークの張りを調整することで当面走行可能になるからです。また、スポークの代えも街の自転車屋さんで手配できます。つまり、ツーリング用自転車では、あらゆるパーツにトラブル対処しやすいこと、を重視するのです。

一方、完組みの650Cのホイール。これはトライアスロンなどに良く使われるもので3万~10万で出回っています。ツーリング用に比べ軽量。もし、私の目的が、早く走る、であったなら、むしろ向いていると言えます。ただ.....万一、スポーク折れがあった場合、代えのスポークの手配が大変です。専用のスポークを用いるので、スポーツバイク専門店でしか手に入りません。後に知ったことですが、ロードに乗る友人達の何人かは走行中にスポーク折れを経験しています。皆一様に一本折れたら次々折れてしまった、と言いました。それは軽量化の為にスポークの数を少なくした為、スポーク一本あたりの負荷が高いから、だったのです。

当初、私は、全て現行品で組むことを望んでいました。毎日のように乗って、古くなったら部品を取り替えながら乗ろうと思っていたからです。オールドパーツは美しいけれど、次に手に入る保証のないパーツは怖かった。パーツが手に入らないために乗れなくなるなんて、嫌だという思いがあったから。

迷いました。ものすごく迷いました。

おおらかに旅を楽しむためのホイール。
  V.S.
いつでも安定して手に入るホイール。

どちらにしたらいいの???

迷ってる私に相方が言いました。

「とりあえず、そのリムで組んでもらおうよ。だって、それは、渡辺さんが手組みするホイールってことでしょ。そのままのmikoちゃんが日本海に行ける自転車を頼んだのでしょ。完組ならいつでも手に入るんだし。」

あ、そうか。サンタさんが組むホイールか。
エイッ!!もともと、これは一生もののお買い物。私は夢を買うんだから。ここでケチって何になる?

「ありがとう。良い自転車になりますよ。」

そんなわけで、私の自転車に1個だけ、オールドパーツが使われることになりました。


★補足★
渡辺さんは、乗り手の目的、をとても重視するビルダーさんです。今回はスポーツ経験がほとんどない私が日本海を目指すにあたって、可能な限り乗り手の身体に負担が少ない自転車、という観点でリムがない、という流れになっています。もしも、私が上り坂で男性を置いてきぼりにしたいの!と言ったなら、きっと別の提案があったことでしょう。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-18 22:11 | 自転車オーダー記

クロモリロードに乗りたいの!(10)~作戦会議~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて

奥様の為に作ったというママチャリ仕様のSWワタナベ。乗り心地にウットリする間もなく、今度はグルグル走れ、八の字も、と指示されました。

調子よくターン!!を決めたつもりがガツ!!という異音とともにべダルが地面に接触。あわわ、何事!?
「ほぉ~う。ずいぶん倒せるんだね。なら、ハンガーの位置をもうチョットあげないとなぁ。これね、ウチの奥さんの買い物用につくったからさ。だから、ひく~く作ったんだよね。」
えと。意味がよくわからない。相方を見やり説明してもらいました。

相方「mikoちゃんはさ、曲がる時、車体思い切り傾けるでしょ?その方がクイックに曲がれるもんね。でも、これは買い物用。ってことはさ、曲がる時、まず倒したりしないわけ。荷物あるでしょ。」
渡辺「ウチの奥さん、怖がりだからね。傾けたりしない。しない。」
あははと笑いながら事も無げに言う渡辺さん。工房に戻り、今度は仕様についての作戦会議。
といっても、私は難しいことは良く分からない。
    【要望】
  1. ドロップハンドル
  2. 650C
  3. 日本海に行きたい
  4. 普段は通勤にも使う

要望は、これだけ。後は渡辺さんにお任せです。
といっても、いくつか提案はありました。
渡辺:MTBに慣れているなら、バーハンドルはどう?
miko:ううん、わざわざ作るんだからドロップがいいです。
渡辺:MTBのホイールを使ってはどうか。今使ってるマヴィックはとてもいい。
miko:ううん、細いのが欲しいです。
渡辺:少しスローピングを強くした方が乗りやすいと思う。どう?
miko:え~・・・・。三角の綺麗なのが憧れなんです。

そう。まったく特殊な事は望んでいませんでした。至って平凡な要望です。ただし。それは身長が155センチ以上あるならば、のお話。
「うん、こんなに小さいのは僕も初めてだから。挑戦のしがいがありますよ。」
作戦会議をしながらも、私たちは工房の中をウロウロ。製作中の様々なフレームを物珍しく眺めては、あれこれ教えてもらいつつ、更に細かいところを決めていきます。

ダブルレバー。クラシックな雰囲気がとても素敵。でも通勤時、都内のストップ&ゴーを考慮して諦め、手元で操作できるSTIに。

リア・キャリア。私の体力を考えれば、荷物は少ないにこしたことはなく、宿泊の荷物は宿に送るというスタイルだから、省略。

泥除け。今回はつけないけれど後々欲しくなったときの為に、穴は残しておこう。

コンポ。105をベースに組むけど、全てをそろえる必要はない。予算内で場所によって違うものを組み合わせる。組み合わせ方はお任せ。
「ロードというより、スポルティーフだね。」
スポルティーフ?
「色んな自転車があるの。目的によって、ね。」
その時初めて、スポーツバイク、と一言で言っても、勝つための自転車と、旅を楽しむための自転車では全く種類が違うのだ、と教えてもらいました。更に旅のスタイルによって、また種類の違う自転車になる、ということも。
「貴女の目的を考えるとね、必要なのは競技用じゃなくて、旅用の自転車なの。でも、ランドナーでは重装備過ぎる。貴女にはね。同じ目的でも、彼ならランドナーもいいと思うけど。どうせ荷物持ち、彼になるわけだし。」

エ!?と一瞬動揺する相方。なによぅ。持ってくれないの?いや、持つけど......とゴニョゴニョしたやり取りを笑い飛ばし、渡辺さん、かまわず話を続けます。
「ロードは兎に角早く走ることを目的にしてる。特に競技用になると勝負だから、苦しくても、とにかく早く走れ!と作るわけ。集中して、緊張感もって走れ!泣き言は言うな!ってさ。でもさ、旅に出る時、それじゃ疲れちゃうでしょう。」

「旅はさ、もっと、ゆったりした気持ちで走って欲しいのね。見回して景色眺めたりさ、するでしょう?」

「貴女の目的を考えた時、軽すぎる自転車がね、必ずしも良いとは限らない。そりゃ、軽けりゃ、登り坂が楽だろうって人もいるけどね。日本海までは、登りだけじゃないじゃない。登る前の平地で疲れきってしまったら、駄目でしょう。」

「ロードレースなら、場所によって自転車を使い分けるよ。サポートカーに何台も自転車積んで、ね。でも、趣味で走る人は、そういうわけにはいかない。1台で旅の最初から最後まで走らなきゃならない。色んな条件の道を、ね。」

「だからね、軽い、とか、重いなんてことだけではね、その自転車が良いか悪いか、なんて全くいえないの。」

つまり。私の自転車は、早く走るより、疲れないことを重視した自転車になる、ということらしい。
どんな姿をしてるんだろう?どんな乗り心地がするんだろう?ワクワクしてきました。
で、どれくらいお時間かかります?
「うん、一ヵ月半くらいかな。」
!!!!!!そんなに早く???
「乗る人の印象が頭に残ってるうちに作り終えたいの。時間おいたら忘れちゃうから。でないとねぇ、作れなくなっちゃうのよ。僕。」

わぁ~い!じゃあ、春には新しい自転車に乗れるのね?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-15 19:22 | 自転車オーダー記

クロモリロードに乗りたいの!(9)~秘密基地へ!~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて


翌週。相方と連れ立って、埼玉県八潮の渡辺さんの工房へ。住所を頼りに住宅街の細い道をウロウロ。
あ、赤いトレーナーを着て手を振ってる人が向こうに見える!

そこは、例えて言うならば。漫画「20世紀少年」に出てくるケンヂたちの秘密基地のような場所。目立つ看板や道案内があるわけでもなく、立派な建物やショーウィンドウがあるわけでもなく。知らなければ、きっと素通りしてしまいます。

木製のささやかなプレートがかかげられたドアを開けると、工房内では、いくつものフレームや、大きな工具が薄明かりを受け佇んでいました。
「今日はね、これ、乗ってもらおうと思って。」
渡辺さんが差し出したそれは。なんと、ママチャリ。
なんでも昔、奥様のために作ったものだそうで。

d0237428_23295045.jpg
ゆっけ撮影。
ゆっけ注:ホイール=26HE、タイヤ=パナレーサー パセラ26x1.25、その他=リア5段(フリクション)



「ウチに今あるので、これが一番小さいの。 今のやつと比較するからさ、じゃ、外いこうか。」
「まずね。今のやつで、ここをぐる~っと走ってくれる?」
はいはい。ぐる~っですね。ぐるぐるぐる。
「じゃ、次、この道を真っ直ぐ。行き止まりになったら戻ってきて」
はーい。ほとんど往来のない道を300mほど進むと確かに行き止まり。けど、何で自分の自転車でココ走ってるのかなぁ?わたし。ハテナマークを撒き散らしながら、戻ると
「うん。じゃあ、次はこれに乗ってね。同じ道ね。あ、彼、一緒についていってあげて。」
はぁ~~い.......。


え?
何これ!?





いつもどおりに踏み込んだ瞬間、グン!と伸びるのを感じました。 これ、本当にママチャリ?すごいすごい。わぁ、気持ちいい!! さっき自分のMTBで走ったときと同じ道とは思えません。グングン踏み込んで、あっという間に行き止まり。渡辺さんのところへ戻ると、
「はい、もう一回。」
わぁ~い。
グングング~~ン!!

戻る度に渡辺さんは頷いて、もう一回、と促します。促されるまま、10往復はしたと思います。

はぁ、気持ちよかったぁぁ。あれ?
振り返ると、後ろについていたはずの相方が肩で息をしてました。

どうしたの?はい?早すぎる?????

相方は当時廉価版のMTB(ルック車にあらず!ちゃんとMTB)に乗っていました。そのMTBで私の加速に追いつけなかったというのです。廉価版とはいえ、一応スポーツバイクなのに。

うっそぉ。。。え、手もしびれた??路面が荒れてるからだ?え、そんなに荒れてたっけ?
「ふふふ。ママチャリだって自転車だよ。ちゃんと作って手入れすれば走るの。」
ママチャリ仕様でこの乗り心地....。それなら、それなら.......。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-14 20:23 | 自転車オーダー記

クロモリロードに乗りたいの!(8)~あなたの自転車を見せてよ~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて

「さて、どれかな?」
このMTBです。でも欲しいのはロードなんですけど…??
「なるほど、これね。おや、良いホイール使ってるね。MAVICか。ビンディングもはいてるのね。これで、今まで最高何キロくらい走ったの?一日で。」
135キロが最高です。普段は週末に50~80キロくらい。
「ふんふんふぅぅん。ほうほう。ちょっとさ、またがってみてよ。うん、腕も余裕あるし。足も大丈夫ね。ポジションは大体あってるね。」

話しながら、MTBのサイズを測り始めました。

「ふぅぅむ。420でも大きすぎるかもしれないなぁ。じゃ、こいでみて。」

え?いま???
促されるままに、Moab3にまたがり、会場前の駐車場をぐるぐる。
「ん~、やっぱりココじゃ、狭いなぁ。時間も遅いし。あなた、来週時間ある?もしねぇ、本当に欲しかったら、来週か再来週、僕の工房にいらっしゃいよ。」


家に戻り、湯船につかりながら、その日の出来事を思い返しました。
「ないものは作ればいい。」
渡辺さんの一言が、リフレインしてました。価格は当初、想定していた市販車の約2倍。自転車に限らず今までこんな高額なお買い物をしたことはありません。だけど.....。

ロードに乗る友人達の多くは、エントリーモデルと呼ばれる廉価版をまず手にしていました。そして1台目に乗りながら、パーツを少しづつグレードアップして勉強しつつ、自分の好みを探り最後にフレームあるいは本体自体を上位モデルに買い換える、というやり方をしています。

ならば。最初から二台分の費用を一台に使っても、最終的にかかる費用は同じかも?そうよ、アルミのエントリーモデルを買って、その後クロモリの市販車を買ったと思えばいいんだわ。第一、最初から私用に作ってもらうんだもの。気持ちいいに決まってる!

他の誰のためでもない、私だけの自転車。
世界で唯一の、私のための自転車。

もう一度、通帳を眺めました。何かの役にたつだろうと、コツコツ貯めた20代のころからの貯金。何に使うとは決めていなかった。よし、これで、あのサンタさんに作ってもらおう!!

翌日、興奮冷めやらぬままの状態で早速工房へ電話。

「やぁ、かけてくると思いましたよ。あれから僕ね、いろいろ考えたの。確かめたいことがあるから、あの自転車もってきてね。墨田からなら乗ってこれるでしょう。」

確かめたいって何だろう?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-13 20:47 | 自転車オーダー記

クロモリロードに乗りたいの!(7)~どんな風に乗りたいの?~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて

サンタさんのような風貌の渡辺さんは、どんなパーツを使いたいか、なんて事は一切聞きませんでした。 質問されたのは、どうして日本海に行きたいのか。ルートは決めているか。何泊で行くつもりか。1人で行くのか、誰かと行くのか。日本海行き以外に、どんなシーンで使うのか。今までどんな風に走ってきたのか。でも、それはヒアリングというよりおしゃべりに近い感じ。
「小説に憧れて、ね。うん。いいね。でも、日本海って一言で言うけどさ、広いよ。
どこを目指すの?」

小説は八王子から諏訪湖を通って、糸魚川に行ってます。
「結構、厳しいコースだね。」

そうなんですか?わたし、とにかく自分の足で日本海まで行ければ良いんです。
「はっはっは。峠を越えて海が見えればいい?」

はい。とにかく海までたどり着ければ。どんな風に見えるかなぁって。
「なら、色んな道があるからさ、やりようはあるよね。で、何日で行こうか?」

小説だと1日で駆け抜けてます。でも、それは選手を目指してた大学生の男の子のお話。
私だと....どうかなぁ。
「1泊は必要かしらね。人によってはテント積んだりして、前に後ろに大荷物かかえて厳しい道を行くけども。あなたは宿、とまるでしょ?普段、荷物どうしてるの?」

このバックパックくらい?それ以上は、1泊くらいなら事前に宿に送ってます。
「ふむふむ。な、ら。軽くできるね。荷物送っちゃうならリア・キャリアはいらないかな?」
「目的がハッキリしていれば、それに向いた自転車を作れるの。」
「これ、またがってみて。」

...............。渡辺さんが指差すこれ、とは。
さっき、100万じゃ足りないよ、といわれた、その自転車です..........。 いいんですか?
「うん、後ろ押さえてるから。」

え、あ。そういう意味じゃなかったんですけども。これにマタガル?こわ.....(色んな意味で)わぁ、このハンドル握って目線おとした瞬間、見える車体、きれい! 自転車にのった風景なら今までも綺麗だとおもっていたけど。自分が乗っている自転車を乗りながら綺麗だとおもったことは初めて。

そう思った瞬間グラッ!!
渡辺さんがガッチリ抑えていたので勿論転倒はしない。でも、やっぱり大きすぎた。
「ん~、今日は小さいのは持ってきてないんだよねぇ。そうだなぁ。
今日は自転車で来てるよね?ちょっと見せて。」 
へ?そりゃ、自走で来たけどMTBですよ?
「うん。普段乗っているやつでしょう。それが見たいの。外に置いてるよね。」 
スタスタと会場の外へ向かう渡辺さん。 ポカンとしてた私達、慌てて後を追いました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-12 21:43 | 自転車オーダー記

クロモリロードに乗りたいの!(6)~ないものは作ればいい~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて
「どう?こういうのも良いでしょう?」

ニコニコと笑うサンタさん。あら?こちらの自転車、さっき見惚れてた自転車(トーエイ)に雰囲気にてる。さっきのより、雰囲気が柔らかいかな?あのぅ。これ、おいくらぐらいするものですか?
「そうねぇ。こっちだと100万じゃ足りないかな。オールドパーツだから。」
ウッ。やっぱり......。
「こっちのは少し安い。今の部品を使ってるからね。70万くらい。」
..............。ゴメンなさい。やっぱり、それくらいするんですね.........。シュンとなった私、ついついサンタさんに先日の悲しい一件を話しだしてしまいました。かくかくしかじか。で、私の乗れるサイズは無いって言われちゃったんです。
「なんだ、なら作れば良いじゃない。」

えっと....70万なんて無理.....。
「うん、これはね。展示するために、すごく丁寧に仕上げたからね。
だけど走るという目的のためには、そこまでする必要ないから。」

???
「手間がかかったっていうのはね、磨きだとか、見栄えの部分なの。この2台は、展示会を意識したから、僕、ものすごく丁寧に磨いたの。部品もね、高くて見栄えのするものを使ってるのね。でも趣味で走るとき、それ、いる?」

え、じゃあ.....。もしかして...........。
「どんな風に乗りたいの?」

あの、あの。私、日本海に行きたいの!!
その瞬間、サンタさんの目がキラリと光った。
「日本海?面白いね。良かったら、そこ座って」


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-11 22:19 | 自転車オーダー記

クロモリロードに乗りたいの!(5)~季節はずれのサンタさん~

☆私の愛車Cherry号。ビルダー渡辺氏(SWワタナベ)の手によるクロモリ製のオーダー車です。 Cherry号が我家にやってきたのは、2010年4月のこと。もはや道具ではなくて、家族となったCherry号が我家にやってくるまでを当時を振り返りながらシリーズで綴っていきます。☆【自転車オーダー記】クロモリロードに乗りたいの!(1)ハートの魔術にご用心(2)ちびっ子は辛い(3)憧れと現実と(4)開けてビックリ玉手箱(5)季節はずれのサンタさん(6)ないものは作ればいい(7)どんな風に乗りたいの?(8)あなたの自転車を見せてよ(9)秘密基地へ!(10)作戦会議(11)リムがない!?(12)春をまちわびて

「あ、もうちょっと右ね。ん、もうちょっと下。
あ、いきすぎ。そそ。その位置、その位置」

な、な、何事!?

「ふふ。その位置。ハンドルのカーブの間から、ロゴがのぞいているでしょ?
僕ね、このアングルが一番好きなの。ここから撮ってよ。」

おじさんは、相方の肩を右に左に上に下にと動かして、撮影位置を指示しています。

えーーーと.....。これは、どういうことかしら???
良くわかんないけど、そこから見た方が綺麗に見えるのね??
どれどれ????

d0237428_20175670.jpg
当初、相方が立っていた位置から撮影
Photo:ゆっけ(2010年1月撮影)


d0237428_20141364.jpg
指示通りの位置から撮影
Photo:ゆっけ(2010年1月撮影)


あ、ほんとだー!!!

「でしょう。そういう風にね、作ったの。」

はぃ?作った???

その時はじめて、おじさんの顔を見ました。
サンタさんのような風貌のその人は......、ボードに貼られた自転車雑誌の表紙と同じ顔。
それが渡辺さんとの出会いでした。

d0237428_20202496.jpg



★補足★この記事は2010年1月にロード購入を検討した当時、私達が入手できた情報を元に記載しています。 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-10-08 20:37 | 自転車オーダー記


自転車にのってポタポタと、野を越え山越え気付けば日本海までいっちゃった。


by BicycleKomachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
自転車オーダー記
夫婦で日本縦断自転車旅
ポタリング日記(グルメ版)
ポタリング日記(長距離版)
ポタリング日記(花巡り版)
自転車女子の作り方
TOKYO百景
自転車への想い
事故を防ぐために
うつくしい時間(ART散歩)
未分類

以前の記事

2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

最新の記事

夫婦橋~梅雨空の七夕~
at 2014-07-07 12:21
TOKYO山景~花~
at 2014-04-18 05:40
新宿駅-ターミナル-
at 2014-03-10 11:11
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-08 21:31
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-04 21:54

フォロー中のブログ

うるわしき自由と放埓の日々
ばーさんがじーさんに作る食卓
やまもとゆみのデザインす...
風そよぐ、晴れた海
走れ!銀座まで! BD-...
Happy Days
ほんの小さな庭
PENTAXとパンケーキ
Kippis! from...
TS AIRLINES ...
作ってあげたい彼ごはん
yasumin’s cafe*
女旅道 ~行きたい場所が...
お家カフェごっこ nic...
ツジメシ。プロダクトデザ...
grand-pa

☆リンク集☆

タグ

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自転車・バイク

画像一覧