タグ:女性サイクリスト ( 22 ) タグの人気記事

ぐる浜2012 (2)~風車大好き。太平洋岸自転車道をチョットだけ ~

ぐるっと浜名湖ツーリズム2012(1)~ 旅の始まりは駅弁から。 ~ (2)~風車大好き。太平洋岸自転車道をチョットだけ ~(3)~ロードだけが自転車ですか?(スタートするその前に.…)~(4)~ウフフ、アハハとスプラッシュ!~(5)~モニタを超えて、こんにちは。~(6)~はな歌交じりに丘越えて。~(7)~ぐる浜、ぐるぐる、うず巻き、巻き巻き。~

駅弁を堪能したら眠気がくるのはいつものこと。
ウトウトしてたら、あっという間に浜松に到着。
新幹線は早いなぁ~。

浜松駅から浜名湖へ向かう途中で、相方のおじいちゃん宅に立ち寄って。ついでに、太平洋岸自転車道をチョットだけ走ります。


d0237428_10395998.jpg中田島砂丘。砂がびしびし顔に当たります。



太平洋岸自転車道は、千葉県銚子市と和歌山県和歌山市を結ぶ(完成すれば)総延長1200kmになる予定の自転車道です。今回立ち寄る静岡清水自転車道はその一部。

ところどころ砂があるものの、防砂林を通り抜ける際の曲線と、海を臨む直線とのリズムが楽しい自転車道。晴れていればスコーン!と抜けた青空に白い風車がそびえる風景も楽しめます。

今回は、あいにくの曇り空だけども、それでもいいの。
風力発電も課題はあるそうですが、私は宮崎アニメを思わせるその風景が大好き。相方におねだりして、わざわざ遠回りです。


d0237428_11263529.jpg
直線と曲線のリズムが楽しい太平洋岸自転車道。この日は雲の流れが速く、曇ったり、晴れ間が覗いたり。


d0237428_11153225.jpg
久々の海にご満悦の相方。このところ、レーパンは勝負服と決め込んでいるので、ポタの本日はストレッチジーンズでの走行です。

d0237428_1142216.jpg
遠くに見えていた風車がグイグイ近づいてくる。お気に入りの風景です。


それにしても、巨大な風車をまわす風は強い!
何度か鉄塔から飛び立とうとしたカラスが強風に押し戻され鉄塔に戻るのが見えました。何度もチャレンジするものの、前にすすめない~と途方にくれている気配。

あらら....あの子どうするのかなぁ、何度もトライしてるけど。きっとお家が向こうなんだね。相方としばらく観察。と、そこに仲間がやってきて、こうやるんだよ!といわんばかりに見事な急下降。地上ギリギリまで滑り落ち、急旋回してまた舞い上がる!途方にくれてたカラス君、おお!そうかと後に続き、めでたしめでたし。
見ている私たちも思わず手に汗のチョットした航空ショー。

さて、カラス君に続いて、私たちも先へ行かねば。
む。カラスを笑った報いかしら。ちっとも前に進まない~~。
風車から舞阪まで、たかだか20kmを進むのに2時間近くかかってしまいました。う~ん、こんな調子で明日大丈夫かしらん?

それでも舞阪につけば、待っているのは美味しい鰻。
舞阪の小さな名店「つるや」さん。

4年前に泊まった宿の仲居さんが教えてくれたお店で、以来「ぐる浜」に参加するたび立ち寄ることにしています。
店舗は小さいながらも、暖かい心遣いがゆきとどき、浅草の「つるや」で修行された先代が亡くなった後も、奥様と娘さんが引き継いで、炭火焼の美味しい鰻を守っています。



d0237428_11515934.jpg
向かい風のご褒美はモチロン浜名湖のうなぎ。舞阪の「つるや」の二段鰻丼。肝吸い、白焼きの小鉢がついて¥2800。


ご飯を掘り進んで行くと二段目のうなぎがコンニチハヾ(=^▽^=)ノ上の段は香ばしく、中の断は、ご飯の湯気に蒸されてフワフワでした♪
美味しい鰻でお腹を満たしたら、お宿にチェックイン。
今回の宿は、浜名湖畔の浜名湖ロイヤルホテルです。

相方が事前に自転車イベントに参加することを伝えましたら、自転車を輪行袋に入れずとも、そのままお預かりしますと素敵な回答。
普通のホテルですと、輪行袋に入れるよう言われ、朝の貴重な時間を消費してしまいがちですから、ありがたい心遣いです。

朝食開始時間も、よく見れば去年まで7:30だったところを30分くりあげてありました。

(今回は、あくまで、ホテルのご厚意で、そのまま預っていただきました。繁忙期には同じ対応できないかもしれないので、事前の相談は必要ですね。)

大浴場で身体を温めたら、早めに就寝。
翌日の浜名湖一周に備えたのでした。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2012-03-31 11:55 | ポタリング日記(長距離版)

ぐる浜2012 (1)~旅の始まりは駅弁から。 ~

ぐるっと浜名湖ツーリズム2012(1)~ 旅の始まりは駅弁から。 ~ (2)~風車大好き。太平洋岸自転車道をチョットだけ ~(3)~ロードだけが自転車ですか?(スタートするその前に.…)~(4)~ウフフ、アハハとスプラッシュ!~(5)~モニタを超えて、こんにちは。~(6)~はな歌交じりに丘越えて。~(7)~ぐる浜、ぐるぐる、うず巻き、巻き巻き。~


お久しぶりです。冬篭りからようやく這い出したmikoです。
皆様いかがおすごしでしたでしょうか。

さて、先週末、久々に自転車イベントに参加してきました。
といっても、ゆるゆるポタリストが選ぶのは、やっぱり、ゆる~いイベント。
その名も「ぐるっと浜名湖ツーリズム」記録を競うのではなく、自転車でジックリ浜名湖の見所を楽しみましょう!という主旨のイベントです。

4年連続でエントリーしてますが「ぐる浜」に参加すると、冬篭りは終了。自転車シーズン幕開け!という気持ちになり、私にとっては春の象徴のようなイベントです。

さて、土曜日。
眠い目をこすりながら、5時半起床。シーズン中なら、さほど苦にならない時間でも、冬の間にスッカリお布団と仲良しになっていたので堪えます。

ぼ~っとしている私と対照的に、てきぱきと身支度を整える相方に促され、外にでれば霧雨。それでもペダルを踏みだせば、だんだん体がシャッキリ。錦糸町駅で、久しぶりの輪行仕度。

思えば、4年前。
「ぐる浜」に参加したくて、輪行を覚えたのだっけ。
当時は吉祥寺に住んでいて、多摩川CRがホームコース。自転車もMTBでした。当時は、車輪をはずすだけで、おっかなビックリ。輪行袋の説明書と見比べながら、パッキングの練習。

当時は、多摩川の河原でお弁当を広げてお茶を沸かすのが好きでしたから、コンロやお鍋など大荷物を持ち、パニヤバックをつけるためのキャリアに加え、スタンドもつけていたものだから、輪行はとても手間がかかりました。最初の練習は、バラして袋につめて、もう一度組み立てるまでに2時間もかかり....こんな難しいこと無理~と駄々をこね、相方を困らせましたっけ。

チラリと感慨が胸をよぎったものの、新幹線の時間があるので、ぼ~っとはしていられない。15分程度でCherry号を輪行袋へ。
今回は宿泊荷物も事前に宿に送っているので、身一つの輪行です。

東京駅についたら新幹線に乗るべく駅弁を仕入れます。
旅のはじまりは、これがなくっちゃ!

おりしも駅弁大会が開催されていました。
相方は大好物の鮭はらこめし。わたしは牡蠣めしをセレクト。
浜名湖とも静岡とも関係ないけど、いいの。いいの。
駅弁を車内で食べることが大事なの。

d0237428_2138309.jpg
佐渡の「一年かきめし」¥1000。磯の香りが素晴らしい!付け合わせのプルーンも甘酸っぱい


d0237428_2124725.jpgこちらは相方セレクト。宮城の「海の輝き」¥1000。ひとめぼれを使った紅鮭はらこめし。日本人で良かった〜♪

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2012-03-26 21:40 | ポタリング日記(長距離版)

共白髪

いよいよ年の瀬ですね。
皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

さて、この師走の時期に祖母が入院してしまいました。と言っても、それは転んで骨折したせいで、命にかかわるものではありません。ところが実家に顔を出すと、思わぬ光景がありました。

かつてない程、しょんぼりしたお祖父ちゃん。一体どうしたの?

「ああ、mikoちゃんか。お祖父ちゃんは、もういかん。寂しい。お祖母ちゃんがいないと寂しい…」

!?
確かに、祖母は認知症にも関わらず祖父の世話だけはアレコレしようとしていました。時には暖房28度の部屋で更に祖父に上着を着せるものだから、かえって祖父がのぼせてしまう事もあるくらい。でも、いまは叔母が手伝いに来てるし、隣には父夫婦もいるし。昼間はヘルパーさんが来てくれるし。

「いや…夜、目が覚めるんだよ…お祖母ちゃんがいたら『オォィ…』って言えば『どうしたの?』と答えてくれるのに。今はおらん。横が空っぽだ…」

お祖父ちゃんは、寂しい…寂しい…と何度も繰り返しました。かつての威厳ある教師の面影は跡形もなく。体もすっかり縮んでしまって、捨てられた子供のようなその姿に私は唖然呆然。
「もう…毎日こうなの」
叔母と義母。
いささか以上にショック。
翌日、お祖母ちゃんのお見舞いに行くことにしたものの気が重く…。

正直、恐かったのです。お祖父ちゃんがコレなら、お祖母ちゃんは一体どんな事になっているやら…と。

結局、夕方近くになって家をでて。電車だと移動中気が滅入りそうだったので自転車で。

ペダルを踏み込んでいると、少し気が紛れるのを感じました。靖国通りを駆け抜け、新宿を越え、阿佐ヶ谷でお花を買い…病院に着く頃には、すっかり日は暮れていました。

まだ面会できるかな…。
恐る恐る受付を覗くと、中年の男性が、患者さんとおぼしきお婆さんの相手をしていました。
お花を抱えて、話の区切りを待っていると、顔をほころばせ

「お見舞いですか?奥の階段を上がってナースステーションで手続きしてくださいね。」

時間、まだ大丈夫ですか?
「まだまだ大丈夫。ゆっくりしてあげて下さいね!」
患者さん達が、見舞い客を待ち侘びていることを、よくよく心得ているようでした。

病室の祖母は壁に向かって食事をしていました。向かい合う祖父がおらず、代わりに真っ暗なテレビに向かって、背中を丸めながら、所在なさげに食事を持て余していました。

おばあちゃん!
呼び掛けました。振り向いた祖母は、顔をクシャクシャにして涙を流して喜んでくれました。嬉しい、嬉しいと繰り返し。

祖母に昨日会った祖父が、寂しがっていた事を伝えました。最初、祖母には信じがたいようでした。

「まぁ…一緒にいるときは、そんな事、一言も言わないのに…」

物凄くさみしがっていたよ、と重ねて伝えると祖母が私の指輪を見やり、呟きました。

「そう言えば、昔、お揃いの指輪をしてる若い人をみて『あんなのは私達の頃にはなかったなぁ』って言ったら、指輪を買ってきてくれた事があったわね。さすがにお揃いではなかったけど。私は指輪を傷つけちゃいけないと思ってしまっておいたら『なんごて、あれつけないか』って。」

お揃い、欲しい?
じゃあ退院したら買いに行こう。

祖母は笑いました。

「お祖父ちゃん、つけてくれるかしら。」

今なら、つけるわよ。
だから、元気に退院しようね。

そう言い置いて病院を出ました。ふと見れば風花が舞っていました。

大切な人を失ういつかの寂しさと、共にあることの喜びは背中合わせ。
それでも共白髪になるまで一緒にいた祖父と祖母の日々が一日でも永く続きますように…。
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-12-31 23:22 | TOKYO百景

サイクルモード2011東京(1)~ちびっ子的レポ~

年に一度のお祭り、サイクルモードへ行ってきました。
思えばこのイベントでウッカリDEROSAを試乗してしまったことが全ての始まりですもの。足を運ばないわけにはいきません。

今年は天候に恵まれなかったせいか、来場者は少なめ。おかげで試乗コースをゆっくり楽しむことができました。なんとか二日目にDEROSAの試乗券をゲット。

手に入れたチケットはR848の39sl。

d0237428_0244834.jpg

DEROSAの中では一番小さなカーボン製ロードレーサーです。実はカタログ値で既に大きすぎるのは分かっていました。身長150cm以下の私が実際の走行に使うのは無理だと分かっているのに、試乗したい。

笑わないでね。
私にとってDEROSAは憧れのスーパースター。
年に一度の夢を見る為に試乗の列に並ぶ気持ちは、芸能人の出待ちする女子高生なのです。
相手はスターだから、まさかお付き合いできるとは思ってないけど、握手くらいはしてみたい。でしょ?

その出待ち中に嬉しいハプニング。並んでいる間にツイッターをチェックしていたら、チーム粒山椒のみりっぺさんも会場にいるじゃないですか。

チーム粒山椒とは。
身長155センチ以下の女性サイクリスト達が中心になったツイッター上のチーム。
つい1ヶ月程前、身長が低いと機材に困るよねとつぶやいていたら、私も!!と次々声があつまって、現在の女性メンバーは9名ほど。その他、彼女らのパートナーや、650Cが適応サイズなのにやむを得ず700Cを使っている男性たちが加わっています。まだオフィシャルWebサイトさえもないし、顔をあわせたこともないメンバーがほとんどなのだけど、小さいが故の悩みを共有しながら、パワフルにツーリングを楽しむ様子を伝え合っています。

そのチーム粒山椒の中でも、フットワークの軽さはピカイチの名古屋在住みりっぺさん。先月は宇都宮にいたし、昨日は鈴鹿にいなかったっけ??
DEROSAの行列待ちしてるよ!とつぶやいたら、探し当ててくれました。
うれし~~!!

行列待ちしながら、しばし、おしゃべり。その後、みりっぺさんはトークショーのハシゴ。私は試乗の時間まで他のブースをまわることに。

★以下の記事は、あくまで身長150cm以下のちびっ子目線の感想です。★
で、乗ったのが、これ。
トレンクル60000
わずか6.9kgの折りたたみ小径車。やーん、ちっちゃーい。かるーい。ギアもないシンプルな自転車ですが、これ楽しいかも。片手でヒョイともちあげられる重さ。ちょっとした輪行ポタには楽しそうです。こんなに軽いのにボディを折りたたむタイプの小径車にありがちな、いや~なキシミもありません。そう、私、折りたたみ小径車を一台欲しいと思い続けて既に2年。でも昨年、目をつけていた某社のものに試乗してターンの際に感じたキシミに背筋が、ぞぞっとなってしまい...即日候補からはずしたことがありまして。金属のこすれる音って嫌ですねぇ。問題はお値段。ロードならいざ知らず。折り畳み小径車に30万越えは…(;^_^A

つづけて小径車の定番中の定番、BD-1
Comfort、Standard、Speedと立て続けに乗り比べ。
これも楽しいっ!!折りたたみを感じさせないシッカリとした自転車。

意外にComfortが良い感じ。グリップシフトというのがネックだけど、ハンドル位置がちょうど良い。後でわかったことだけど、ComfortはStandard、Speedに比べてハンドルが近いんですね。どうりで、ちびっ子の私が馴染みやすかったはずです。

ふとみればトレックの女性ものの列が短くなってる。
トレックは車種ごとに列を分けているのが二重丸。やった~、女性用のMadone 4.5 WSDの列には二人しかいないぞ。
早速試乗。

アラ、これも良いね。トップチューブが短めなおかげで、150センチ以下の私も腕に余裕があります。
どうしても700Cしかない場合で、カーボンOKであれば小柄な友人に勧められる一台です。

ただ、ちびっ子にとって、700Cには1つ困った点があって。
フレームは各メーカーさんに頑張っていただいたとしても、です。

サドルバックは何処につければ、よかとですか~~?
700Cが前提になるとサドル下のスペースなんて、申し訳程度にチョビットです。
フレーム自体が小さいから、輪行袋とドリンクボトル、ポンプも持つこと考えると、内側にもつける場所がなか。

レースで上位を狙う前提なら700Cが必要という主張は分からなくもありません。
Speedを重視するなら出力が大きい方がいいし、レースであればサポートカーもいることだし、チームメイトの助けもあろうし。

でも、レースじゃなくて、ツーリングが目的の場合は、単独行動もあるわけで。
単独行動ってことは、自由であると同時に基本自分で何とかせんばならんわけで。自分で荷物も持つわけで。

「アタクシ荷物は全部男性にもっていただくわ。」
というモテ子さんは、ともかくとして。
自由を楽しみたいちびっ子サイクリストは、どぎゃんしたらよかですか。
やっぱ650Cが欲しいよう~と思うわけです。
バランスの面からいっても、ちびっ子には650Cの方が扱いやすい。ホイールが小さければ、沢山まわさなけりゃならないから、疲れるはずだという人もいますが。そうおっしゃる方は、ホイールサイズの問題とギア比の問題、取り違えてます。同じギア比ならホイールサイズが大きい方がと言う主張も、趣味で乗る人にとってはナンセンス。同じギア比にする必要自体ないですもん。

それに乗り手の体格とのバランスをお忘れだと思います。

大柄な人が650Cに乗れば、そりゃ、辛いでしょうよ。
同じように、ちびっ子が700Cに乗るのも辛いのよ。

それは、さておき。
いよいよDEROSAの試乗のお時間。
さすがです。腕が伸びきっているので、身長150cm以下の私が長時間の走行には耐えられないのは分かっています。にもかかわらず。時間いっぱいに乗っていても
「あれ?もう降りちゃうの?もう少し走らない?」
そう囁いてくるような自転車です。ああ、残念。もうワンサイズ小さければ...。(絶対ここにもホイールサイズの壁があるに違いない。)
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-11-10 00:44 | 自転車女子の作り方

十月桜を見に行こう!(2)~余所見、寄り道、迷い道~

まだ8時半だというのに、伊東についてしまったというK氏。
約束は10時30分…K氏がいかに楽しみにしていてくれたかがうかがえます。
温泉で待つというK氏が茹で蛸になる前に合流してあげなくては。

a.m. 9:00
熱海着。
ご存知、貫一お宮の像。


d0237428_20384398.jpg
金色夜叉って、どんな話しだっけ?
あ、粗筋かいてあるね。
金に目が眩んだ親に引き裂かれた恋人たちのメロドラマ?この女の子足蹴にしてる図とイメージちがうね。未完なんだ?

「完成してたら像の形違ってたかもね。ハッピーエンドとか。」
「かえってつまんなくならないか?」
と、でっちーさん&キッチョムさん。

私はと言えば、どんな理由があったって女の子足蹴にする男なんて、やめなよーなんて。享楽主義者だから愛憎劇はちと苦手。


a.m. 10:00
もひとつ坂を越えて道の駅伊東マリンタウンに到着。ここでようやくK氏と合流。

さて、ここからが本番です。

目的地「さくらの里」は伊東駅から約10キロほどの大室山の中腹にあり、短い距離ながら、なかなかのヒルクライム。実は私、さくらの里に行く!と言い出した時にはノホホンと桜を眺める事しかイメージしておらず。直前にルートラボみてΣ( ̄□ ̄;)…となっておりました。

d0237428_20551180.jpg

事前にかなーりいい加減に引いたルートラボ


………………………………………………………………標高そのものは、そこまでじゃあないけど、この短距離でってことはさ………………………………………………………………(-_-;

仕方ない。人様に迷惑覚悟で行くぜよ!

…と気合いを入れたのも束の間。登りが始まる前の渋滞に引っ掛かり、要領が良くない私と、ビンディングに不慣れなatmuseさん早くも千切れてしまいました。
千切れた地点からわずか500m先の分岐点にたどり着いた時、どちらの方向か分からなくなり。取り敢えず真っ直ぐ?と進んだ道は劇坂…。
んしょ、んしょと進んだものの…あれ?おかしいな?これだけ登って、誰も待ってないなんて?

「皆さん、速いな!僕らも頑張らないと!」
いや、違うかも(汗)atmuseさん!私たち、道間違えてる!

その時携帯がなりました。a-rouさんからだ!

「今どこ?あっちゃ~…あの劇坂のぼっちゃったの?戻っておいで~僕らも分岐点にいますから。」

(TT‐TT)
ええ。下るのは一瞬ですわよ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-11-03 21:09 | ポタリング日記(長距離版)

鎌倉スイーツ三昧(自転車オフ)~その1 女子と悲鳴とスイーツと~

ひさしぶりにオフ会に参加してきました。

企画名は「鎌倉スイーツ三昧」。
逗子、葉山、鎌倉にかけての名店をポタりながらハシゴ。
走って食べて、走って食べる♪
なんと享楽的な企画でしょう。

主催は大江戸じてんしゃ三昧のcommuterさん。
ルート設計は地元サイクリストびんさん。

AM 8:00 錦糸町駅を出発。
前日別イベントで夜更かししていた私は輪行で逗子駅へ向かいます。
北鎌倉を過ぎた瞬間、バラバラと大きな音がしたとおもったら....雨!
そんなぁ。私、晴れ女のはずよ。あ、自走組は大丈夫かしら?

気をもんでいるうちに逗子駅に到着。
よかった。雨やんでる。

AM 10:00 JR逗子駅に集合。
普段は男性率の高い自転車オフですが、今回ばかりは女性率高いです。
16名の参加者のうち、5人も女性だなんて。

あ、あれ?人数が予定より増えてる?
なんと、通りすがりのサイクリストさんが飛び入りです。

まずは簡単な自己紹介をかねたブリーフィング。

「全部食べると大変なことになりますからね!!
 各自で胃袋と相談するように!!」

commuterさんの親心あふれるご忠告を皆聞いているのか、いないのか。
早速1軒目を目指し、元気よく走り出した....と思ったら数百メートルで到着。

1軒目は海神亀


d0237428_20304566.jpg





朝ごはんを我慢していた私は一気にテンションUP!

が.......到着時間が早すぎたみたい。
「今、6亀しか出せないよ、ごめんねぇ。」
お店のおじさんは申し訳なさそう。

というわけで女性チームで2匹の亀をシェアします。




d0237428_2032352.jpg
 可愛らしい亀型のお菓子。



d0237428_20331736.jpg
なんと!表と裏が模様がちがうのです。表は甲羅、裏はお腹。粉もの系かと思いきや、お餅のような皮にあんこタップリ。焼き大福に近いかな?









そっかー、シェアすれば全店制覇できるわね♪などと浮かれながら二件目を目指し再スタートします。

二件目は葉山港に程近い、日影茶屋です。



d0237428_20471229.jpg

庶民的な海神亀とはうってかわった高級感あふれるお店です。レーパンマンの集団が入っても良いのかな?

















そんな私の思考を読まれたか

「ここね、料亭の方はとっても敷居が高い店なの。でもお土産だけならで誰でも買えるから。」
なるほど。種類も豊富で、目移りしてしまいます。
ウサギ饅頭にも心ひかれたけれど、ここは手堅く、お店の名物日陰大福をkaeさんとシェアすることに。



d0237428_20533179.jpg








早速いっただっき......。


「ココだとお店に迷惑だから、葉山港でたべましょう」

は、はい。
びんさんの公共心あふれるお言葉に従って、葉山港へ。

葉山港について、集合写真を撮る間に、みるみる雲が晴れていきます。
どうやら晴れ女は私一人ではなかったようです。

各々和菓子を堪能したら、次はどこかな?るんるんる.......

「ここでカロリー調節しますからね~。
 湘南国際村へ寄り道しますよ!
 ちょっとだけキツイけど、がんばりましょう!」


・・・・・・。出ました。三昧名物ヒルクライム。

そう。大江戸じてんしゃ三昧はポタリングを主旨としていますが、主要メンバーは筋金入りのロード乗り。
常日頃100キロ、200キロは当たり前。
箱根だの直江津だのを気軽に楽しんでいる殿方基準のポタです。
サークル名に誤魔化され、うふふ、あははの世界をイメージしていると....。

知っていたけど、ほぼ1年ぶりの参加ゆえ、うっかり忘れかけてました。
平均5%程度の勾配と距離が約2.5km。さほど距離は長くないけど、皆様結構なペースで上るので、私はあっというまに最後尾。ご存知、5キロのペースで、ヨイショ、ヨイショと進みます。

あ~、こりゃ、人様に心配かけちゃってるだろなァ。

申し訳ない気持ちが頭をよぎるけど、ペースは急に上げられない。
む、おなかすいた。お菓子1個じゃ、ヒルクライムは無謀だったか。
あわててゼリー飲料を補給。
あ、景色きれー。写真....撮ってる場合じゃないな。ヨイショ、ヨイショ。

心優しい皆様を、さんざお待たせしてセンターに到着。
ハァ、すずしい♪

クーラーの利いた館内で涼みながら、おしゃべりする女性たちを尻目に男性たちは再び自転車にまたがってます。

なになに?
へ?絶景オプション??
この上に景色がきれいなポイントがあるから行こう??

女性陣の悲鳴。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-09-12 21:15 | ポタリング日記(グルメ版)

ぼうそう女子ふたり旅(4)~夕日に向かってRun、Run、Run~

もっと走りたい
思いがけない言葉に嬉しさを感じると同時に、私には不安がありました。
補給をミスった直後は、回復したと思っても、すぐ、また疲労が来る。それは自分自身が経験済みです。
時刻は、ちょうど17時をまわったところ。日没は18:30くらいかしら。

わかった。ちょっとだけね。
夕日の時間には、戻ってこよう。

州崎灯台を越えると、波の音が大きくなった事に気付きます。
そっか、外房に出たんだ。

ほどなく房総フラワーラインへ。
道100選に選ばれるだけあり、どこまでも、どこまでも走りたい気持ちになる道です。



d0237428_462742.jpg















歓声を上げてペダルを踏み込むKちゃん。
ちょっと、ちょっと。
あんまり飛ばすと後しらないわよ!!



d0237428_4111739.jpg









フラワーラインから一瞬外れると、こんな風景も。


ファミリーパークに差し掛かった所で、時計を見れば18:10過ぎ。
おっと、日没を灯台でみるんだった。
あわてて引き返し、再び州崎灯台へ。
灯台へ続く階段の麓の雑貨店にお願いして、自転車を置かせていただき、日没ギリギリに到着。



d0237428_428696.jpg

















日没って、どうしてこんなにセンチメンタルな気分になるのかな?



日没をじっくり眺めたら、もう足元は真っ暗。
自転車を置かせていただいた雑貨店で、も少し、何かつまもうか。

あのー、この手作り寒天って、まだあります?

「あるけどもよ、作る人が今、出かけてるの。19時になると戻ってくるよぉ。
嬢ちゃん達、どっから走ってきたの。若い人はいいねぇ。まぁ、待ってなさいよ。」


ほどなく戻ってきたおばあちゃんが、寒天と麦茶を運んできてくれました。
ん~、すっぱい。美味しい。シコシコしてるね。

お店を見回せば、手作りのとこぶし煮やら、蛸の煮たのやら、ああ、美味しそう。でも、この暑さで自転車じゃ、家まで持たないわ。後ろ髪引かれる思いで、雑貨店を後にし、しばし、館山までナイトライド。
往路の苦しさが嘘のような、快適さ。

「お月様が、右にでたり、左にでたり。面白いねぇ」


すっかり元気を取り戻したKちゃん。
そっか、埋立地育ちの彼女にとって、道がうねっていること自体、めずらしいことなのね。

あっという間に、館山駅に到着。
どうだった?
私の問いに

「あ~あ、宿題、いっぱい残しちゃった。また来ないとね。」


ホッ.......。
終わりよければ、全てよし。また、走りましょ。ね。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-19 18:00 | 自転車女子の作り方

ぼうそう女子ふたり旅(3)~腹が減っては何とやら~

元気よく安房勝山駅から海岸沿いを走り出したものの、案の定、あっつい!!

保冷機能付きの私のPOLARボトルでさえも、あっという間に氷が解けてしまいます。
ましてや、Kちゃんのスポーツドリンクのオマケでもらったボトルの場合は.....スッカリお湯です。
それでもボトルのドリンクがみるみる減っている様子が分かります。こんな事もあろうかと、私のヒップバックにはハイドレーションに氷をギッチリ詰めて、解けた水をKちゃんのボトルへと補充、を繰り返し。

まずいなぁ、この調子だと、一周どころか千倉もキツイかも。

そんな不安が頭をよぎります。
それでも館山までは元気でした。
お腹すいてる?ご飯にしようか?の私の問いかけに

「ん~、まだ駅弁が残ってる」

そう答えた彼女の言葉を、うっかりと信じてしまう程度には。異変が起こったのは、自衛隊の航空基地をすぎたあたりから。時速15kmに減速してるのにKちゃんが遅れがちに。

ねぇ、何か食べよう。そこのラーメン屋でも何でもさ。
「いや。そんな重いもの食べられない。」

困ったなぁ。お蕎麦屋さんでも良いから開いてないかしら。通る道々、探したけれど、時刻は既に14時過ぎ。どのお店も休憩時間に入ってしまっていました。そうこうするうち、ついにKちゃんは時速10kmを切ってしまい.......。

ああ、しまった。
彼女が嫌がっても、ラーメンでも何でも強引に補給させればよかった。そういえば、コンビニでも彼女が手にとっていたのは、ガリガリ君や水ばかり。体を動かすのに必要な糖分、塩分やビタミンなんて、ほとんど含まれてない。せめて、ゼリー飲料でも持っていたら.....。焦っても、開いているお店は見当たりません。

あ、Cafeの看板がある!!
すみません!!あいてますか!?

そこは休暇村近くのCafe「grand-pa 」。

あれ、庭でバーベキューしてる。ああ、やっぱり。お盆休み....。
あの、この近くに食料、買えるお店ないでしょうか。
そう問いかけた私にお店の方は、Kちゃんを見やり、こう言ってくれました。

「この時間だと、どこも開いてないし、コンビニも近くにはないわ。
 良かったらあがって。バーベキュー食べていらっしゃい。」


振舞ってくれたのは、冷たいジュースに特大のソーセージ、焼きホタテとおにぎり、カルビ、冷たい梨。
みるみるKちゃんが回復しているのが分かります。
飛び入りパーティの会費を払いますという私たちに、お店の方は笑って受け取ってくれません。
感謝すると同時に、大いに反省の私。Kちゃんの「食べたくない」は疲労で食欲が無い、という意味だったのに。お店の方が事態を察してくださらなければ、どうなっていたことか。

さて、これからどうしよう。
館山に戻る?でも、それじゃあ、苦しい気持ちだけが残っちゃう。自転車の楽しさを感じて欲しかったのに....。

もう一度、地図を見やり、何とか楽しい思い出になりそうなポイントを探します。
あ、あと4キロほどの地点に灯台がある。

ねぇ....。州崎灯台までいってみない?ここから、あと少しよ。
で、灯台でしばらく休んで、日没みてから帰るって、どう?
そしたら、岬の先っぽに立ったことになるよ。

しばし躊躇ったKちゃん。それでも、行く、と言ってくれました。
お店の方にお礼を言って、再スタートを切った私たち。

すぐに灯台が見えました。
ん?灯台のふもとに、もう一軒、Cafeがある。
すみませーん。あいてますか?ああ、良かった。
よし、ここで日没を待とう。

お店の名は「Time Out Cafe

海の見える大きな窓。ゆったりと流れるJAZZ。
Kちゃんは、キャラメルラテ、私は、ホットレモネードを注文し、しばしの休息。
あ、すごい。このレモネード、レモン丸ごと使ってある。
キャラメルラテも、ミルクの泡が山盛り。

1時間以上、休んだ頃、Kちゃんがポツリと言いました。

「も少し、走りたいな」


え、大丈夫?

★自転車紳士達へのアドバイス★

経験の薄い人を連れて行く場合は、こんな点も気をくばりましょう。

  1. 補給ポイントでエネルギー源を手にしているか。

  2. 水や冷たいものばかり、とってはいないか。

  3. 急激に速度が落ちたり、ふらついていないか。

  4. ゼリー飲料は、経験値が高い方が常に携帯。



特に今回は、本人の自己申告を待っていたのが大失敗でした。人によっては、疲労時に食欲が落ちてしまい、ハンガーノックを起こしかけていても自覚がない場合があります。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-19 02:53 | 自転車女子の作り方

ぼうそう女子ふたり旅(2)~予定は未定~

40分以上かけて、自転車を輪行袋に納めた後に、帽子を忘れたことに気付いたKちゃん。

これから袋から取り出して、組み立てて、彼女の自宅に行って戻って、もう一度袋にいれて.....。
うーん。私が代わりにやったとしても、50分はロスしてしまう。既に予定から2時間以上、押しているというのに。

仕方ない。途中で買おう。何度か乗り継ぎのタイミングで駅ビル併設のとこ、通るから。

気を取り直して、ようやく出発。
JR蘇我駅で内房線に乗換えるのに、約30分の電車待ち。
この隙に帽子を買い、駅弁を仕入れ、ようやく乗り込んだ電車内で作戦会議。

予定では館山をスタート地点にしていたけれど、それでは走り出すのがお昼になってしまいます。ひたすら地図と睨めっこ。

館山の手前のどこかの駅からスタートしよう。
一周はあきらめて、海沿いだけを走るコースに変更。もし、気分が乗れば、一周にしてもよいけど、欲張るのは禁物。

千倉~館山間の内陸部の距離は、最短距離で10キロちょっと。
道を選ぶと18キロくらいかな。
この分をカットして、スタート地点にふりわけよう。
館山駅から18キロ手前というと....安房勝山駅か。

よし、決まった。ご飯、ご飯。
さきほど買った駅弁をぱくつきながら、映りゆく車窓を楽しみます。
d0237428_1049418.jpg





【万葉軒の「漁り弁当」1,000円】 
こんなに漁りがてんこ盛りの駅弁って、はじめてかも。生姜と漁りのだし汁が効いています。レンコンのはさみ揚げも美味しかった♪ほうれん草は、ピーナツオイルであえてあるけど、甘みが強過ぎて、ピーナッツ味がぼけてたのが惜しい。




d0237428_1102823.jpg







いくつかの海水浴場を過ぎ、安房勝山駅で下車。
ん?だぁれ?こんなイタズラしたのは。ある意味、世の真実を伝えてるけど(笑)




房総の駅の多くがそうであるように、丘陵の山々と海の香り、ほとんど人気がない駅に線路がどこまでもつづく風景。子供の頃の夏休みの香りただよう景色のなか、自転車を組み立て、走り出しました。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-18 11:24 | 自転車女子の作り方

ぼうそう女子ふたり旅(1)~輪行指導はむずかしい~

2年半にわたる布教活動の甲斐あって、ようやく自分の自転車を手に入れた親友Kちゃん。
愛車の色は美味しそうなミルキィーベージュ。彼女の好きなカクテルにちなんで名前は「アマレット」。
略して「アムちゃん」。

トーキョーバイク生まれのアムちゃんは「TOKYOBIKE SPORT 9s 」。
クロスバイクとしては珍しい650Cのクロモリ。
廉価だけれど、クロモリらしいスンナリしたシルエットが可愛い自転車。
サイズも小さいので、私同様身長150センチそこそこの彼女にピッタリです。

この夏はアムちゃんと何処へ出かけよう?イメージが膨らんでいる様子。

という訳で、いってきました。房総半島。
といっても、アムちゃんはフロントがシングルギアのクロスバイク。
そこは追々トリプル化するとして、まずは走り出さないと。
機材に慣れるには、そうね。最初は60kmくらいから始めましょうか。※1

輪行で館山から千倉まで海沿いに走って、南房総の先っぽをぐるり、ってどう?

↓参考にしたルート「南房総ほぼ一周」
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=841d95658ce85d488664945d8432f0cc

内房と外房、両方楽しめるね。
灯台も何箇所かあるし、道100選の房総フラワーラインもあるよ。
絶対景色きれいだよ。

日差しが心配だけど、もし、1周できなかったら、千倉から電車で帰ろう。
18切符用意すれば、交通費の心配いらないし。
千倉には、海の見えるカフェがあるんだって。
途中で海鮮丼たべようね。
1周できたら、帰りは館山で晩御飯たべよ。オシャレなお店もいっぱいあるし。

うきうきと計画を練り、検見川浜駅でまちあわせ。
が....。よりによって、その日私が寝坊.....。
目覚めた時間が既に集合時間の30分前。
私と彼女の家までは、電車で1時間はかかる。

ゴメン!!ゴメンね!!

電話で謝り、大慌てで、支度し、Kちゃんの最寄り駅へ。

前日まで私が深夜残業続きだったことを知る彼女は笑って許してくれました。
さすが親友です。他の人なら、こうはいかない......。

謝りながら、輪行指導。
指導に入ると、私は鬼コーチです。
一通り手順は見せますが、後は、自分で作業してもらいます。

親切な男性ならば、代わりにやってあげるのでしょうが、それでは、
Kちゃん自身が一人で出歩くことが出来なくなってしまうから。

私はKちゃんに自転車の世界の自由を知って欲しい。
誰かに引率されるんじゃなくて、行き先を自分で決める自由を。
どこまでも自分の足で進む自由を。

.............などと、格好よいこと考えてたんですが。
習う側が初心者なのは当然として、教える私が新米コーチ。

もー、いや。私、こういうの向かないのよ。
機械は苦手なのぉ~


輪行が機械いじりかどうか、つっこんではいけません。

ともかく、音をあげそうな彼女をなだめ透かし、
四苦八苦しながら、アムちゃんが輪行袋に収まった時には、
集合してから40分以上経過。

よく頑張ったね。さ、行こう!!
あれ、どうしたの??

ごめん、帽子忘れちゃった........。

えええーーーーーー!!
この夏の海辺の日差しは、帽子なかったら死ぬわよぉ!!

彼女の家から、最寄り駅まで自転車なら10分。
普段なら、
「ちょっと、まってて~~~」
で済む距離です。

ええ、自転車ならね。自転車なら.......。

その自転車は今、輪行袋の中です。はい。

つづく。。


★自転車紳士達へのアドバイス★ 

 ※1
 Kちゃんは、2年半の布教活動の間に、私のMTB(モアブ3)で荒川CR100キロを経験済みです。
 一度乗ったら、2-3ヶ月間が開くという乗り方ではありましたが、まっさらな初心者ではありません。
 もし、はじめてスポーツバイクに乗る女性をエスコートする場合。
 50kmにいきなりチャレンジするのではなく、事前に20km程度のポタにつきあって、
 セッティングなど、機材のコンディションを整えてからにしてあげてくださいね。

 ※2
 永遠に代わりにやってあげる、という紳士以外は彼女にも輪行のやり方を覚えてもらいましょう。
 輪行指導には、思いのほか時間を食います。
 ご自分が輪行にかかる時間の3倍は見ておきましょう。

 ※3
 大きな荷物の梱包作業をした経験の薄い女性にとって、 輪行の中締めベルトの締め方が
 意外と難しいようです。
 根気よく、金具のどの部分にどの順番でベルトを通すのか、1つ1つ手順を分解して見せた後、
 もう一度、一連の流れを見せてあげてください。
 
 
 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロモリロードへ
にほんブログ村
[PR]
by BicycleKomachi | 2011-08-16 10:19 | 自転車女子の作り方


自転車にのってポタポタと、野を越え山越え気付けば日本海までいっちゃった。


by BicycleKomachi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自転車オーダー記
夫婦で日本縦断自転車旅
ポタリング日記(グルメ版)
ポタリング日記(長距離版)
ポタリング日記(花巡り版)
自転車女子の作り方
TOKYO百景
自転車への想い
事故を防ぐために
未分類

以前の記事

2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

最新の記事

夫婦橋~梅雨空の七夕~
at 2014-07-07 12:21
TOKYO山景~花~
at 2014-04-18 05:40
新宿駅-ターミナル-
at 2014-03-10 11:11
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-08 21:31
日本縦断‐夫婦で自転車旅‐メ..
at 2013-12-04 21:54

フォロー中のブログ

うるわしき自由と放埓の日々
ばーさんがじーさんに作る食卓
やまもとゆみのデザインす...
風そよぐ、晴れた海
走れ!銀座まで! BD-...
Happy Days
ほんの小さな庭
PENTAXとパンケーキ
Kippis! from...
TS AIRLINES ...
作ってあげたい彼ごはん
yasumin’s cafe*
女旅道 ~行きたい場所が...
お家カフェごっこ nic...
ツジメシ。プロダクトデザ...
grand-pa

☆リンク集☆

タグ

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自転車・バイク

画像一覧